お世話になりま~す!
めちゃくちゃ緊張し~のユキ旦那@YUKI_DANNA031です。

実は学生の時からすっごい緊張しぃ~で
なにかの重要な仕事やイベントの前って、もうね~泣きたくなるくらい緊張するのよ~(泣)

でね、今日は俺の会社での緊張する出来事を話していこうと思うんだけど、
入社して6年間”営業”という仕事をやってます。

営業社員は、毎月1回社長への業務報告があって、
1か月の活動内容、事業の展望、今後の戦略など10~15分くらいで簡略にまとめて報告をする、
社長会議ってのに参加しないといけないの。

この会議がとにかく緊張するし、平社員には気が重すぎるのよ!!


自分で事業に対する戦略や方向性、実績達成に伴うアクション事項等、
的確にわかりやすく表現ができないと、鋭い質問や指摘が飛んできて、
その場で返答できず場を凍らせてしまった苦い経験があり、
この失敗が俺の中でトラウマになってしまったのも緊張する理由の1つかも。


自分のまかされた仕事に対して、受け身で仕事をやっているのか、
能動的に考えているのかが、上司含め社長にもこの10分で一瞬で分かってしまうのだ。(トホホ)


今は場数のおかげで大分慣れたこともあり、
当日はリラックスして挑むことで柔軟に対応できるようになったのだけど、

入社して2,3年の時は、前日は極力飲みに行かず、プレゼンの練習をしながら、
その時の彼女(現在の奥様)に全く関係のない会社のプレゼンを聞いてもらったりしてた。
今思いだすと夜中の1時とかに電話して強引に聞かせて申し訳なかったり(ペコリ)

当日は早めに会社に行き、場の空気になれるように努めてたんだけど、
会議室は独特のピリピリした空気が広がっていて、
すこしずつ俺のプレゼンの順番が近づいてくるともうドキドキがとまらな~い♪


時間にすると10分と短いんだけど、
そのタイミングで自分の1か月間の取り組みや成果をアピールしないといけないので、
サラリーマン生活をしていくなかでは、めちゃくちゃ重要な10分なのだ。


逆をいえば、ぜんぜ~ん仕事しなくて、
要領よく仕事をこなして、隠れてパチンコwに行ってても、

この社長会議でビシっ!!っとプレゼンが決まれば、
評価は鰻登り!!!!!

だ~け~ど~も、俺にはそんな実力はないのであった(泣)


そんないつも緊張しまくっていた俺にある先輩がアドバイスをしてくれた。
ありきたりな言葉かもしれないけど、今日はその言葉をこのブログで公開したいと思いま〜す。

もし緊張することに怯えて、本番うまくいかないことが多い人がいたら、
俺もこの言葉を参考にしてみたら少し改善できたから、是非実践してみてね。



本日の格言

”練習は本番の様に!本番は練習の様に!”



スポーツでも、ゲームの大会でも、試験でもなんでも、
いかに練習を流さず、本番さながらのコンディションで挑むかによって、
本番での成果や結果がかわってくる。

少しの緊張は人間にとって集中力をUPしたり、
潜在能力を発揮するのに必要なことと言われているけど、
俺みたいに過度の緊張しぃ~は、本番のパフォーマンスを格段に下げてしまうのだ。


だからこそ、もっと練習の方法にこだわって、
本番は練習の様にリラックスした状態で挑むことによって、
判断力に柔軟性がうまれ、緊張している状態を楽しむことができると思う。

よく、周りの人からは緊張しているのが顔にでないから分からないと言われるけど、
それは、人の見ていないところでこっそり練習しているからなんだ~(言っちゃったw)


例えば初めてYoutubeに顔出しをした思い出の動画を見てもらいたい。
今まで憧れていた、ドズルさん、きおきおさん、ハルパパさんとの”初共演+顔出し”ということで、
撮影ではめちゃくちゃ緊張して、胃が痛くなり、顔がカチンコチンにこわばってしまった。

"爽やかさ"を売りにしたかったのだが、
コメント欄では”ヤクザ顔”とまで言われてしまい、
華々しいデビュー戦を飾ってしまったのだwww


<動画>



これから受験や大会、企業の面接、結婚の挨拶やスピーチ、大勢の前でのプレゼンや説明会
言い出せばきりがないくらいすごく緊張する場面はでてくると思う。

行き詰ったそんな時、是非この言葉の通り、練習量で緊張に打ち勝っていこう!!


スポンサードリンク