お世話になります。
ユキ旦那です。


先週金曜日遂に4年間悩まされていた
親知らずを2本同時に抜いてきました。

IMG_1205

抜く前にたくさんのブログを読んで情報を集めたのですが、めちゃくちゃ参考になったので、
僕もこの機会にまとめていきたいと思います。


今回の記事を加え、
術後1週間、
術後2週間の
全部で5本だての予定です。


親知らずを抜きたいけど
怖くて抜けずにいるそこのあなた!!!


嘔吐反射のある僕でも
抜くことができたので絶対大丈夫です。

抜いた後はお風呂にも入れないので、
寒い冬の間に勇気だして抜いちゃいましょう!


前日

手術は11/9金曜日。


会社の有給をGETして、
木曜日の仕事を終えました。


抜歯後は両端に穴があいて
食べることもまともにできない為、
最後の晩餐は美味しいものを食べたいと、


妻のゆきいると近所の焼肉にいきました。
うまかた〜❤️

その後動画をとったり、
まったりしながら12時くらいに就寝しました。



緊張するかなと思ったのですが、
仕事で疲れもあり普段通りリラックスして熟睡できて一安心!

リラックスリラックス~♪

当日

手術の時間は14時30分開始。

当日は総合病院の集合が10時でした。

病院につくと何も食べれなくなる為、
8時に起床し、軽くサンドイッチを食べ
準備をして病院へ。


1泊2日の入院なので、
パジャマとティッシュとマスクがあれば
問題ないです!


徐々に緊張してきましたが
明るい音楽で気分転換をしながら病院へ到着。


まずは受付を済ませ入院案内に向かい、
保証金の7万円をあずけました。


その後、病棟に案内され
パジャマに着替えてくださいとのこと。


今回は運よく6人部屋が空いていたので、
ベット代は無料になりました!!
いぇ~い!
(4人部屋、2人部屋、個室 全部高い~)
IMG_4020

10時半には病院に寝ころびながら
何も案内がないのでひたすらクラロワをしてました。


とにかく暇です!
だって元気なんだもんw


すると、12時くらいに

看護士さん お昼食べれないので点滴しちゃいますか?

ユキ旦那  (痛いから嫌だな~)
      普通はどれくらいから始めるんですか?

看護士さん 手術の一時間前からです~

ユキ旦那  なら一時間前からでお願いします!

看護士さん おっけ~で~す!


ユキ旦那     ええええ!! いけるんか~い


ということで
また1時間暇な時間ができました。


クラロワしたり、youtube見たり、
まったりしながら1時に点滴開始。

この点滴が少し太めで痛いんです(泣)

IMG_4021
そこからまた手術時間までボーっとしていると

手術時間が30分早くなったとのこと!!

速攻でトイレをすませ、
口腔外科へと向かいました。

めっちゃ暇だったのでむしろラッキー!


手術スタート

点滴の相棒君(棒みたいな)を押しながら、
口腔外科へ向かっていると急に胸がドキドキしはじめました。(>人<;)

かなり緊張してましたが現場は
ドラマの様な手術台とはちがって、
普通の歯医者さんのベッドでした!!

とりあえず一安心。

施術台に座ると
急にミスチルのハナビが流れだし、
カジュアルな雰囲気で手術スタート。
(緊張を解くために音楽を流してくれたみたいです♪)


まずは静脈内鎮静のパイプを鼻にいれます。


そして横になっていると、
急に口の中に綿をいれられてしまいました。


思わず

オエッ!!!

やっちゃいました。

嗚咽をだしてしまい、
先生が早速驚くwwwww


するとアシスタントのおばさまが僕の肩を
脈にあわせてトントンと叩きだしました。


その後記憶がありません。
麻酔がきいて完全に落ちたようです。



手術中

静脈内鎮静法は無痛治療の為、
うまく機能すれば寝てる間に治療がすべて完了します。


僕もその点がすごくよかったので、
保険適用ができなくてもこの方法を選びました。


が!!!!


あまりのつらさにまさかの
途中目がさめてしまったのです。


グォォォォォォォ~~~~~~

バキバキバキッ!!!


口は器具で固定されていて、
声はまったくでません。

なにかボヤーっとしています。
まるでお酒を飲んで酔いつぶれて
目が覚めた様な感覚です。


電動のこぎりで
歯をバキバキに割ってる音がきこえました。


親知らずの痛さよりも、
口の固定器具で顎がはずれそうになります。

親知らずを抜かれる瞬間の凄まじいパワーに
目をさましてしまった様なのです。


あまりの痛さに自然と涙がこぼれると
アシスタントのおばちゃんが僕の涙を拭いてくれました。


そして手を握ってくれるのです。
あったかくムチっとした手だったのを覚えてます。


そこから僕はまた寝たみたいです。

麻酔が追加されたのでしょう~

気づいたら手術はおわってました!


感想

手術が終わり、ベッドに戻ったのですが、
どうやら麻酔がまだきいているのか記憶があいまいです。


看護士さんが点滴をしていると、
後ろから妻が面会に現れ

現実が少しずつ分かってきました。


まさか手術中に目が覚めるなんて想定もしてなかったので思い出すとめちゃくちゃ怖かったです。

でも、そんなのも一瞬だったので
この静脈内鎮静法を選んで本当によかった!!


4年間悩んでた自分が情けないくらい
想像よりもさくっと抜けたので、

もっとはやくに情報を集めて
抜いておけばよかったなと後悔しました。


ただ、親知らずの抜歯は抜く時よりも

抜いた後が地獄だったんですね~。

続きは次のブログで^^

スポンサードリンク