お世話になりま~す。
ユキ旦那です。


知っている人も多いかもですが、
知らない人の為に再度紹介をすると


僕は昼は商社勤務のサラリーマン、
夜はゲーム実況の活動を3年程続けています!


今の会社には勤務して7年たちましたが、

『The 昭和の会社』

って感じの
超縦社会の社風でございます。

読んでもらえれば雰囲気は分かると思います!


副業の活動のおかげで、
普段商社ではお会いできない

ゲーム関係・IT関係・アプリ会社・
メディア関係 等等
※今回はまとめてゲーム業界といわせてもらいます


たくさんの企業、ご担当者様と
お仕事させて頂き
貴重な経験をさせて頂きました。


井の中の蛙大海を知らず


このことわざの通り

商社・貿易業界についての知見はありますが、
ゲーム業界は初めてだらけで
知らないことの連続でした!



業界の違った僕との仕事は

「ユキ旦那ってなんか固すぎる!!」

もしかしたらそう感じた方もいらっしゃり
やりづらかったかもしれませんwww


この場をかりて
お詫び申し上げます(ペコリ)


短い経験ではありますが、
本業以外の異業種の環境を知ることができたので


今日は


ゲーム業界について
感じたことを書いていきたいと思います!!


題して!!


ここが変だよ
          ゲーム業界!!


イエェ~イ♪


では、スタート!!

※ここからの内容は僕の独断と偏見です。


連絡手段が最先端

まず最初に!!

連絡手段がちがいまっす!!


僕の会社はかなり古風なため、
取引先とのラインでの仕事のやりとりは
推奨されていません。


文面として残ったとしても、
法的な効力が社内で検証されていない為という

超絶古い考え方になっています。


よって、
基本はすべてメールベースでの仕事です。


もちろんすべての送信メールが
上司も見れるようなシステムになっている為、
ハンパなくめんどくさいんです!


こうなると毎回

お世話になります。
〇〇会社のユキ旦那です。


と何度も何度も同じあいさつ文を書いたり、
返信が遅かったりと無駄が多いです。


しかしゲーム業界は、
最初はメールでのやりとりでも、


気軽に連絡がとりあえる、
Lineやslackに場所を移す機会が多かったです。


もっとカジュアルにコミュニケーションをとりあえ、気軽にコンタクトがしやすい点は
仕事の進め方としていいなと思いました。


上司や取引先に、
かわいいスタンプを送れる関係って
体験したことないのでこれも新鮮でしたwww


まじでいつ寝てんの?

LineやSlackは超便利な反面、


ゲーム業界の人からの連絡って、
夜12時を過ぎても来ることが多かったです。


もちろん
今すぐに回答が必要なものではないのですが、

本当いつ寝てるの?ってくらい

夜中まで連絡が来たりすることが多く、
12次回ってのスカイプ会議とか

最初は驚きましたw


特にYoutuberは、
朝、昼、夕方よりも、
活動は夜がメインな人も多く、

生活リズムが違うんだなと感じました。


僕の会社も昔は平日11時ころまで(土日も)
上司から電話がくることがありましたが、


最近は働き方改革で
夜9時以降はパワハラになったりしてるみたい。(いい流れ!)


ゲーム業界は比較的ハードワークであり、
仕事が大好きな人も多そうなので、


仕事とプライベートを分けたいって人には
もしかしたら不向きかもしれません。
(僕が知らないだけかもしれませんがw)


郷に入れば郷に従え
精神でがんばりましょう!


めっちゃラフやん!!

pontaさんのブログを読んでる方は
お分かりだと思いますが、

皆さん服装がカジュアルなんです。


僕は商社で営業マンということで、


スーツは基本は黒。
靴も目立たない黒。
髪も短髪大好き。


夏もゴリゴリにジャケットを着て
汗だくで営業に回っています。


まじで誰得?ってやつですよ。。。

なんども会社に提案したのですが、

商社マンは目立ってはいけないとかいう

変な社内文化に洗脳されております。


反面、ゲーム業界の方々は、
ほとんどの方が私服。


スーツだらけの重たい会議室とは一変、
ラフな格好でMTGができるので


こちらも気楽にアイデアがでやすいし
話しやすかった思い出があります。


中には、徹夜していたり、
ビーチサンダルで現れたりする方もいましたが


こういった働き方もいいな~って
毎回うらやましく思ってました!


もちろんTPOをわきまえないといけない時もありますが、ゲーム業界の価値観としては、


服装や髪形に対する縛りは
結構ゆるいのかなと思います。


俺も髭のばして~~!!


ゲームがうまけりゃイイ?

そして意外だったのが、
かなりの実力主義なイメージがあります。


よくある一般的な企業は、
大卒じゃなければいけない。


素行が悪い人や
金髪・ピアス・タトゥー・入れ墨はNGなど、
面接段階でふるいにかけられることが多いとおもいます。


やる気があって実力が伴えば
ワンチャン活躍できるのも

ゲーム業界特有なのかと!!


また、プロゲーマーに感じることとしては、

・ゲームがうまけりゃマナーなくてもいい!
・マナーなんて後から直せば全然OK
・彼はPS(技術)あるからモーマンタイ


もちろん違う方もたくさんいらっしゃいますが、このようなPS至上主義のイメージがあります。


例えば僕の会社で
お客さんに見えるところで、

「クソ」
「ざまぁ~」
「カス」 とか

使っていたら
そりゃ~上司にお説教くらいますwww


プロのスポーツ選手が
ツイッターやSNSで言葉使い悪い人って
少ない気がするんですよね。
(もちろん中にはいますがw)


でもゲームになると
そういった考え方が少し違うのかなと
感じました。


自分らしく生きることができるのが素敵な、
反面同じ業界ではなく外の業界から覗いてみると、

すこし異質な世界に見えるのは、

僕だけでなく他の方もあると思います。


これから大きくなっていく市場であり、
大注目の業界でもあるので、


業界全体で成長しながら
いい雰囲気づくりが必要だと思います!


楽しいのは間違いない

もしかしたら
誰かに怒られそうなことを書いてきましたが、


一番衝撃だったのは、


職場でゲームをしてる人がいたことです!!


僕は毎日長い時間会社にいますが、
だれも社内でゲームをする人をみたことがありません!!


しか~し、

ゲーム業界は

ゲーム自体が商品である為、
皆さんいろんなタイミングで

ゲームをしていることに驚きました!!


これって当たり前の事なんですが、
異業種から見るとハンパない衝撃でした!!


なのでゲームが大好き!!
好きな事を仕事にしたい!!
新しいことにチャレンジしたい!!


そんな方にはとっても
オススメな業界だと思います。


直近だと、
ドズルさんの会社



WekidsのUlaraさんの会社



でも人を募集してるみたいなので、
興味のある方は勇気を出して
応募してみるのはいかがでしょうか?


という感じで今日は僕が感じた
ゲーム業界についてまとめてみました。


他にもまだまだ感じたことはあるのですが、
反響が良ければ第2弾も書いてみたいと思います。


それではよい週末を~!



スポンサードリンク